保険無料相談をするとなぜ無料でプレゼントされるの?

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートダイヤルなどがあります。

一回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずないそうなので、最初に「相談だけのつもりなので勧誘は結構です」と伝えておくというのもひとつの方法です。

その提案に自信があるFPさんならむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。

そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、なかなか難しいことでしょう。

サイトなどに公開されているランキングもひとつの目安になります。

いろいろな視点で作られたものなので、会社を選ぶときに見るコツがわかります。

名前を知っているような有名どころでもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

A社のFPが信頼できると感じて乗り換えをするならいいのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

見せる場合はB社のFPに見せた時に「A社の内容で基本的にOKです」と言うくらいの担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、契約を考えているなら相談するサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、webサイトの予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で景品プレゼントを行っていると強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも商品券プレゼントを相談者特典で行なっていました。

この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い商品プレゼントに変更しているサービスもあります。

保険相談会社についてさまざまな情報が溢れる中ではどこに決めたら良いか判断に迷うときもあるでしょう。

選択する際に特に注目するべきである重要と思われる条件について調べてみました。

まず最も重要な点として、FPさんたちの質が挙げられるでしょう。

それから現実に万が一トラブルになった場合に会社でサポートをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

さらに取扱商品数が多いというのも提案の幅が広がりますので良いと思います。

契約後のフォローがあるかどうかも確認しておきましょう。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときに支出を減らしやすい簿はどの項目でしょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

もっと節約を考えるなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログなどから感想を見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

最近様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料をメインの収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に加入してもらうことが一番重要になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例えば、ペットのための保険やお寺などで行われるペット供養などです。

ペット保険とは、事故による怪我の治療などで動物病院にかかった際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で保証が受けられるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあるそうです。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

気になる方は、保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがというキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

初めは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形でお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料(収入)のいい保険ばかりを勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、お金を一円も払わなくて良いのはなぜなのでしょうか。

調べてみると、利用者に嬉しい仕組みがわかってきました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとっては担当した顧客が契約をしたときだけお金になるわけですが、そのチャンスはたくさん得られるので、持ちつ持たれつといった感じのようです。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる保険無料相談サービスではどんなイメージがあるのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したら結局保険に加入させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能業界や飲食業界だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、サービスによってはメール1通で担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券を相談者特典としてプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券をプレゼントとしてキャンペーンを行っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

参考:保険無料相談予約キャンセルしたい!【ペナルティとかないの?】

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、提案に納得できず話し合いが残念な結果に終わることもあるようです。

きちんと理解できないまま、FPさんの強い勧めだけで契約してしまうことも考えられます。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、その後の対応も心配ですので一度離れた方が良いかもしれません。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

B社に見せた時に「A社の内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

ネット等から評判を集めるのも、良い保険無料相談会社の選び方のひとつです。

それぞれどんなFPさんにどんなプランを提案してもらえたのか、一度詳細に調べてみると良いでしょう。

きちんとしたFPさんは、商品の偏りがないとのこと。

顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、生活レベルに合った提案をしてくれるのはもちろんですが、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

どこでお願いするかの最優先はFPさんの質なので、一度いくつかの会社に面談依頼をしてみて、対応力や提案力を比較してから最終的な決断をすると良いでしょう。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでもわからない部分があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例を挙げると、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや家が火事で燃えてしまった時の保障などは、日常生活では使わないので保障の利用条件などを忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額が半分近くに抑えることができたケースもあります。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

数多く存在する保険相談会社の中でどこにしようか迷ってしまうこともあるでしょう。

ぜひこういうところを選んでほしい!という見極めに大切な点を少し調べてみました。

まず最も重要な点として、FPさんたちの質が挙げられるでしょう。

また人間同士合う合わないは考えられるので、もしもの場合対応してくれるサポートが用意されているところが良いでしょう。

加えて多くの商品を取り扱っているところはいっそう顧客に合ったプランを作成しやすくなります。

アフターサービスの有無や有料かどうかも確認しておく必要があります。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのか、そのカラクリをご説明いたします。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」心配事は評判が悪くなるのでほぼ起きないと思って良さそうです。

今話題の保険無料相談。

ご存知の方も多いでしょう。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、なぜお金がかからないのでしょうか。

調べてみると、利用者に嬉しい仕組みがわかってきました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、見込み客との接点が得られるので、WINWINの関係とも言えるようです。

一般的にサービスなどの評判は悪評の方が頭に残ってしまうことが多いそうです。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら結局保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというような経験やトラブルを聞いたことはありますか。

中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で不適当な保障を付帯させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生で2番目に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブル専門の弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

専門家との保険相談を無料でさせてくれる会社は、われわれの想像以上にたくさん存在します。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、同じ内容で話をしても、FPさんによっていろいろ幅のある提案がされるようです。

いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

客側の希望を含めてプランを決めるのはもちろんですが、想像してもいなかった満足をくれるようなFPさんが数多くいるようなところを選びたいですね。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に入院などをした際の治療費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は保険の適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも内容を紹介をしていますので相談してみましょう。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談サービスの利用でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

なぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険を相談者が契約することによって保険会社から手数料がサービス元の企業に行くという形です。

そのため、相談者に変更してもらうことが重要になるので、生活状況を聞いて今の生活状況を考えて無理な保険を勧めることは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法が不明な部分もあります。

そのため、ここでは無料相談の利用方法について調査しました。

基本的な流れとしてはネット上の申し込みフォーム等で相談日の予約をし、自宅などの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障が合っているかを一緒に確認します。