FXの取引をする際には為替相場が大幅に振れる時を理解しておきましょう

FXの取引を行うときは、為替相場が大きく動く時間帯をきちんと把握しておくことが肝要です。
典型的なのが米国雇用統計が公表された後の時間帯です。
さらに、米国FRB理事会の後もよく変化します。
1日の間でも日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大きく変化する場合もあるので、市場の開始時間をきちんと認識しておくようにしてください。
FX投資による得分は課税対象という事で確定申告が必要ですが、一年を通して利益を出せなかった場合にはする必要はありません。
しかし 、FX投資を続けるなら、利益が出なかった場合とはいえ確定申告をしておいた方が好ましいです。
確定申告するならば、損失の繰越控除が使用できるため、最長で3年間、損益を合計できます。
FX投資で使用できるテクニカル指標として一般的なのがボリンジャーバンドと言われているものです。
視覚的にトレンドの規模とトレンドの方向が分かりやすく、トレンドが出たらエクスパンション(バンド拡大)が現れるので、トレンドフォローの取引に適しています。
さらに、バンドの収縮はトレンド終了のしるしとして利用できます。